ふぇに牛blog
World of WarcraftやFFXIや大航海時代Onlineなどのだらだらした日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡張エキスパンション Burning Crusade

 次のエキスパンションの名前がBurning Crusadeだって情報は正しかったんですね。そしてBloodElfも。
 
○レベル上限が70に。
○新プロフェッション 宝石加工
○Socketed Item(宝石を埋め込んで武器防具強化?)
○新種族2つ追加。そのうちひとつはBlood Elf
○Cavern of Time開放。それにからんでHillsblood Foothillsの過去の姿が。
○MedheivがDarkPotalを開いたときとか、Archimondeがとか。とにかく過去の話がいっぱい。てか、DarkPortal最初に開いたのMedhievだったんですか。
○Quel'Thalasの森復活。NEの紫もきれいでしたが、赤と黄色の森もステキですよ。
○DarkPortalをくぐってDlaenor(Outland)へ!
 
 残る新種族がなんなのか気になります。ぱ…パンダr?
スポンサーサイト

ぐっどたいみん

kazham01.jpg

 ないすたいみんぐー。

Emberstrife

 Onyxiaクエストのひとつ、Emberstrife。
 Elite表示なので人がいっぱい必要だと思ってたら、ソロで可能なクエストでした。
enberstrife01.jpg

 Dragonkinに化けて、
enberstrife02.jpg

 竜とお話するだけー。楽ちん楽ちん。

UBRSでLeeroy (BlogPet)

こぱんだれん大酔熊猫はふぇにっくすほーくがここにblogしなかったよ。
ここまでひまもblogしたかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱんだれん大酔熊猫」が書きました。

JE

 ジュノで上のように白魔が大量に誘われ待ちをしていても、言語設定をJE(日本語も英語もOK)にしておけば、待ちぼうけの列を追い越して誘われたりします。
 
Pho051018223225a.jpg

 入ったPTが前衛5・後衛1という、普通のファンタジーRPGならバランスの良いPTだったりしても、ジュノで待ちぼうけしてるだけよりはマシです。あれだけ白魔がいても、Eをつけている人が一人だけだったとこの構成が語っています。
 前衛が一人を除いて全員忍者orサポ忍というわけのわからない構成でも、意外と普通に狩れて普通の時給でした。OoMと言っているのに当然のように4チェーン目を釣ってくる釣り役には閉口しましたが。
 空蝉ばかりだとヘイト管理が大変で、ケアルIIを使うだけで魚がまっしぐらの猫缶になった気分です。豚肉は魚の胃袋には消化に悪いですよ。最近運動不足で肉も締まってないし。
 
 適当に生きているおかげで人間観察はかなりいい加減なのですが、上のような定石から外れたPTは日本語PTには少ないような気がします。使う言語によって人の性格や考え方が変わるとはあまり思いませんが。
 接する言語を増やす>人が増える>変わった人も増える。という図式なのでしょうかね。
 いろいろな体験をしてみることがMMOの醍醐味なら、醍醐味を味わうために言語設定をJEにしてみることをお勧めします。
 
 FFXIの運営体制で特筆すべき点といえば、言語や地域による鯖分けをおこなっていないことでしょう。日本語人も英語人もその他の言語人も、みんなひとつの鯖にはいっています。この鯖は~~言語が多い、といった住み分けもありません。そもそもプレイヤーが鯖を選べないので、プレイヤーによる自発的な鯖の住み分けも発生しないようになっています。
 
 日本語人プレイヤーたちの間では賛否が分かれるようですが、個人的には英断だと評価しています。
 
 難を挙げれば、コミュニケーションを補助するシステムが未完成だということでしょうか。クエスト名、ミッション名はTab変換されませんし、持ってない大事なもの、バッファに読み込まれていないアイテム名も変換されません。それなら、アイテム説明やクエスト説明のどこかに英語での名前も併記して欲しいところです。
 
 あと、日本語の魔法名が名前では効果が分からない謎言葉で、名前と効果を結びつけてひとつひとつ覚えていかなくてはいけないのに、英語では魔法効果をそのまま名前にしている、ってのは不公平だと思います。
 
 日本語しかなかったゲームにその他の言語を導入したというのは、いろいろな問題点も浮き出させましたが、結果的には成功した部分の方ががそれよりも多いと思います。
 時間帯のピークがちがうので、人口が増えても既存の鯖運営だけでいける、という多分にコストの理由で始まったものだとしても、良い副作用をもたらしたと思います。
 
↓以下、黒い愚痴なので、子豚のダークサイドに免疫のない人は読まないほうがいいかもしれません。
続きを読む

空の旅inFFXI

 WoWにグリフォンやZeppがあるように、FFXIにも移動用の乗り物があります。
 15分に1本しか便がなかったり、乗るためには高レベルプレイヤーにPLよろしく引率してもらってミッションをクリアしなきゃいけなかったり、色々敷居は高いです。
 もっとも1時間に1本しかない上に一方通行で、行ったきり帰りの便がない船旅に比べればGoodな乗り物です。帰りの便はあるけど、最高レベルでもからまれたら死ねるタコがわく船もあります。それに比べれば、乗っている間AFKしてても安全な飛空艇は良い乗り物です。
 乗るのが大変な分(苦労するのは主に引率者)、それだけの価値はある景色が見れます。
 眼下をミニチュアの世界地図が流れていくことで空の旅を演出してくれます。日の出とかも綺麗ですし。
 この景色を共有したくて、飛空艇に乗れないギルドメンバーを引っ張り出してミッションを無理やり進めさせる、という良い循環が出来ています。
 
Pho051023195724a.jpg

 
 以下、なんとなく雑感。
 
 FFは他のMMOと比べてストレスが異常にかかるゲームです。特にゲームのいたるところでものすごい時間がかかります。ジョブ変更するとき倉庫キャラからアイテム移動で30分。友人が飛空挺に乗ってチョコボにのって狩場までやってくるのを待って30分。レベル上げPTのメンバー探して30分。あるいは誘われ待ち2時間(その間町から出れません)。
 10回死ぬと1レベル下がります。中レベル帯以降、ソロではほぼ経験値は手に入りません。きびしいPT構成制限をこなしてPTを組み、膨大な単純作業を数時間単位で繰り返して初めて経験値が入ります。クエストを楽しみながら経験値が入ってくるなんていう昨今の軟派なMMOとは世界が違います。
 クエストを受けれるレベル、クエスト戦闘の起こる場所、などと難易度がまったく関連がありません。イベントNMがわいて戦闘が始まってから初めて自分たちのグループでは全滅するしかないクエストだったと思い知らされます。10レベルのソロで出来るクエストと60レベルが12人必要なクエストを識別することは困難です。攻略本や情報サイトに頼らない冒険者プレイは、かなりのリスクがともないます。
 友人やギルドに対して喋った会話が「届かなかった通知」もなく相手に届いてないことはしょっちゅうです。これが理由でLS(ギルド)内で誤解が発生することもあります。
 他のMMOを遊んでいる人にはFFは耐え難いでしょうし、逆にFFに慣れればどんなMMOでもユーザーフレンドリーに見えます。
 UOやWoWなら友人に紹介/推薦できますが、FFXIは「面白いから遊んでみなよー」とは薦めにくいゲームなのは確かです。
 
 そんなFFですが、ビジュアル/演出面だけはお勧めできます。どのMob、プレイヤーキャラクターを取ってもモーションが滑らかで違和感がなく、テクスチャも丁寧に作りこまれていてポリゴン製であることを忘れるような出来です。数年前に作られたゲームだということを考えれば、とてつもない完成度です。
 イベントの演出はカメラワークからエフェクトから何もかもが嘆息するような作りです。
  ゲームシステムはとにかく演出とかビジュアルを楽しめる人にはお勧めです。
 
 問題のシステム/運営のほうも、プロマシア以降改善されつつあります。サービス開始3年以上たってようやく掲示板つきの準公式(と言えなくも無い)サイトがオープンしました。まだインタラクティブではないものの、はじめてユーザーが運営サイドに改善点や要望を伝えられる掲示板が登場しました。
 UOやWoWのように「今日は時間がないから15分だけログインして遊ぼう」というのは従来のFFXIでは不可能でしたが、ミニクエストや少人数クエストの登場でそのような遊び方も不可能ではなくなりました。最低限2~3時間まとめて時間がとれないと何も出来ない、レベル上げなんてもってのほか、というのは過去の話になりつつあります。
 プレイ時間の9割はレベル上げに費やされるのに、それを友達と一緒に行うのは不可能(レベル上げPTは±1レベル差でないと組めない。低レベル時はともかく)、というのがかつてのFFの特徴でした。それはそれで、他のMMOにありがちな身内だけで固まるという風がなくなるという意義がありましたが。ENM、護衛等のクエストで、週に1回程度の制限はありますが、友人と一緒に冒険することができるようになりました。
 この調子なら、あと1、2年もすれば、FFもずいぶん変わるかもしれません。

UBRSでLeeroy

leeroy04.jpg

 狙っていたわけでもないけど、まるでLeeroy Jenkins。

Templeの蛇

 the Sunken Templeの羽蛇、Hakkari Sapper。
hakkari01.jpg

 かなりの大きさです。元がこれだけ大きいと、Shrinkしてもかなりの大きさではないでしょうか。だれかTameしてみた人いませんか?
 うちはもう厩舎スロットがいっぱいで新しい子はTameできません。

大きいオオカミ小さいオオカミ

 ここ数週間、全財産を注いでRune Clothをせっせと貢いでOrgrimmarのReputationをあげました。
 それもこれもオオカミに乗りたいため。
 全部で900G近くかかったでしょうか。
frostwolf01.jpg

 BattleGroundのひとつAlterac ValleyのRepをExaltedまで上げると600Gでこの白くて速いオオカミがもらえるそうです。
 ちょっと悩んじゃいますね。

大きいフクロウ小さいフクロウ

 ペットにはさまざまな大きさのものがあります。
owl12.jpg

 基本的にTameしたときにShrinkするのですが、それでもShrink後の大きさがPetによって変わります。
 上はWinterspring Owl。
 下はStridged Owlです。
owl13.jpg

 
 アーマーやステータスなどの基本性能はまったく一緒です。大きさと戦闘時の移動速度に差があります。常時Dive(移動速度+80%)なので移動速度の差はたいして意味がありませんが。
 Stridged Owlの方が、足が速くて小さくて邪魔にならなくて、初期エリアにいるため最初から育成できます。
 Winterspring Owlは白くて大きくて目立ちます。
 
 OwlはScreechとGrowlだけオンにして、他のスキルはオフ(というか覚えさせなくてもいいです)にしておけばPvEではAimedShotがクリットしない限りタゲははがれません。優秀です。フクロウらぶりー。

Mount買いました!

 WoWの目標のひとつは乗り物購入です。
mount01.jpg

 UOで練達の戦士になるまでずっと徒歩で遊んでて、意を決して初めての馬を買ったときの、あの気分を思い出します。(その直後にPKに殺されるようなオチもなく、1週間以上その馬は生きていたような気がします。)
 Mountとしては2頭目ですが。
 Runeclothを買い込んでOrgの名声上げをしていなければいまごろ100%速度のMountも買えていたかもしれませんが、後悔はしてません。
 
mount02.jpg

 Orgで馬を並べている人がいたので混ざってみたり。
 
mount03.jpg

 
 次の800Gold(基本値段は1000Gold)のMountを、仮面と首輪の怖いオオカミにしようか、オーソドックスにKodoにしようか悩んでみたり。お金を貯めてから悩もうかな。

Thrall外出中 (BlogPet)

今日は、こうさぎをBLOGしなかったよ
今日、こうさぎや、こぱんだれん大酔熊猫が、大きいこうさぎなど言ったよ
こぱんだれん大酔熊猫たちが、大きいこうさぎや、こうさぎをBLOGしたかった
今日、こうさぎなどをBLOGしなかったの?
今日は大きいこうさぎをBLOGすればよかった?
ふぇにっくすほーくたちが、こぱんだれん大酔熊猫が、こうさぎなどをBLOGしたかった


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱんだれん大酔熊猫」が書きました。

とらわれの子豚

 Scholomance(死霊術道場)というインスタンスに遊びにいってきました。
 名前のとおり、おどろおどろしい雰囲気の場所です。
scholo01.jpg

 見習いたちが仲良く死体術を学んでいます。青春っていいですね。
 
 中ボスをモリモリ狩るとラスボスが降ってきます。ラスボスにからまれて最終バトル開始なんて始めての経験です。
 
 しかもラスボス戦闘中に悪い魔法に捕まって牢屋に転送されちゃいました。

scholo02.jpg

 鉄格子はないみたいですが、

 ふぇに「みんなー。いたいけな子豚ちゃんが、囚われの身になっちゃったよぉ」
 パーティメンバー「w」
 
 「w」じゃねぇぇぇ。助けに来るのが王道じゃろー。
 
scholo03.jpg

 門番が3人もいます。門番の向こうに鉄格子が…。普通逆なんじゃないですか。
 
 ふぇに「だれか、たーすーけーてー」
 パーティメンバー「それよりも戦利品のサイコロ降ってください」
 
 冷たすぎる(T_T)
 
 
scholo04.jpg

 仕方がないので、牢破りしました。
 なんだか2発くらいで牢番は沈みます。これなら素手でも脱獄できたかも。

熱いインスタンス

 the Dead Mine(VC、ラスボスがcaptain Edwyn vanCleefだから)というインスタンスがあります。
 
 このインスタンスはいくつもギミックがあり、敵も個性的でとても熱いです。まだ行ったことのない人は一度いってみることをお勧めします。色んなところで熱くなれること請け合いです。
 
 vc01.jpg

 ハウルの動く城~。

reputation03.jpg

 あと6888点。

Torojan (BlogPet)

先週日本で古いプレイヤーを変更したかった
すべて、古いギルドメンなど選べなかったの?
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱんだれん大酔熊猫」が書きました。

Thrall外出中

whereisthrall.jpg

Torojan

 もうすでに騒動は収束にむかっている観もありますが、先週末からのアカウントハック事例について、まとめてみました。
 
 日本人プレイヤーにも複数の被害者が出ているようです。
 FBIまで動き出して、かなりの大事になってます。
 
 大手情報サイトAllakhazamを見に行くと広告が表示されます。IE系のブラウザを使用している場合、問題の広告が表示されたときにトロヤン型のウィルスに感染するようです。(現在では問題の広告はすべて排除された、とトップページにあります。)
 ウィルスに感染すると、/programfiles/internetexplorerフォルダに「syssmss.exe」というファイルが生成されます。また、/windows(あるいはウィンドウズの置かれているフォルダ名)/downloadprogramsフォルダに「fucksnow.exe」あるいは「muma.exe」ファイルが生成されます。
 このトロヤンはノートン先生の現在のパターンファイルではまだ検出できないそうです。注意。

 このウィルスは、キーボードの入力ログを取得するタイプのようです。
 感染が疑われるようでしたら、すぐにパスワードの変更を。
 
 すでにパスワードが変更されてしまっていたら、Blizzard社にメールor電話で対応を(要英語)。英語が苦手な人は、ギルドメンバーに頼んでみましょう。
 ギルドメンの話では、その際、アカウントに登録された住所に住んでいること、登録された名前であることの証明を要求されるらしいです。
 昔はアカウント登録で日本が選べなかったこともあり、古いプレイヤーには住所を偽装している人もいますので、現在の住所地に変更しておきましょう。今は日本も選択できますし、ZIPコード(郵便番号)も日本ので受け付けてくれます。

ネコとガード

 Kalimdor大陸の南はしTanaris地域にあるGadgetはゴブリンの中立都市です。
 といっても、街中ではガードに追われながら敵対陣営を攻撃する不心得者が横行する無法地帯です。
 そんなGadgetzanで「まー、死んでても良いや。墓場近いしデスペナないし」とか思いながらAFKして戻ってくると、
hangeki01.jpg

 なぜだかHonorPointが入っていました。
 戦闘ログをみるところ、
NEローグがAFKプレイヤー(わたし)を攻撃>ペットの猫反撃>ガードも参戦>NE Rogueがガードと猫に殺される(なぜバニッシュしなかったんでしょう?)>HonorPointはいる
 という流れのようです。
 
 これから分かることは、
○ペットの自動反撃だけでHonorPointがはいってくる
○昔と変わって、ペットが自動反撃しても、Hunterはガードに襲われない
○ナイトエルフのローグはAFKプレイヤーにHonorPointをプレゼントする慈善事業に力を入れている
 ということです。

狼は遠いみたいです

reputation02.jpg

 そしてRevered。でももういろいろ限界。あとはまったりゆっくり伸ばしていきます。

めざせWolfRiding

 あとちょっとでRevered。
reputation01.jpg

 その後が大変そう。

ネタがないので、画像整理でもしてみたじぇ

 カエルは好きですか?(唐突)ワタシは結構好きデス。
 
toad01.jpg

 画像を整理していたら、カエルだらけのSSが出てきました。多分、先週のZGの画像だとおもいます。
 カエルといっしょにひき殺される子豚。
 
 それから、
FFphoenix29.jpg

 こんな画像も。いつのだろ…。
 え? カエルじゃなくてタルタルに見える? やだなぁ、もう。*evilgrin*

ロンドン橋(から)落ちた

 トロールのいっぱいいる20人インスタンス、ZGに遊びにいきました。
fall01.jpg

 途中で縮小化の魔法をもらって落ちる人。
 橋の板の隙間って落ちれるんですね。普段は気をつける必要はまったくないですが。
 
 どのくらい縮むかというと、
fall02.jpg

 このくらい縮みます。
 Trollさんの持っているダガーと大差ない大きさです。

Alterac Valley (BlogPet)

今日は、ふぇにっくすほーくは、広いこうさぎとかこうさぎとかこうさぎと、こうさぎとかこうさぎとかこうさぎとかこうさぎとかをBLOGしたかった
ふぇにっくすほーくはいけないみたいです
と、こぱんだれん大酔熊猫が考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱんだれん大酔熊猫」が書きました。

Darnassus行き特急ふくろう号

 フクロウ。とっても身近な猛禽類です。夜行性で目が大きくて、ハンターです。
 そんなフクロウが飼いたくて、飼うからには低レベルから育てたくて、Night Elfの本拠地までTameしにいきました。Hordeキャラで。Horde領には低レベルのフクロウがいなんです。
 
 Allianceキャラなら、ちょっと遊びにいけばいい場所ですが、Hordeキャラとなるとちょっとした冒険です。
 まずはFelwoodから滝を伝ってDarkshoreへ。AshenvaleのZoram'garからでもいいと思います。
owl01.jpg

 滝下りはなかなか楽しいです。着地地点を間違えて、水深の浅い場所に落ちると死にますけどね。
 
 Darkshoreの船着場が最初の難関です。ここは悪い人間や悪いエルフがいたいけなTaurenの肉を引き裂こうとするどい牙を研いで待ちかまえています(Tauren視点)。
owl02.jpg

 水中から接近。ここで自殺します。
 
 そして幽霊状態で走り、
 owl03.jpg

 船上で出航するときに蘇生します。とつぜん目の前に60lvlなHordeが湧いたNEがびっくりしてます。
 
 Teldrassilについたら、Gateをくぐり、Bank前で水に飛び込んでFeign Deathをします。
 Guardsが帰ったら、蘇生して、おもむろに釣り糸を垂れます。
owl04.jpg

 するとあらふしぎ、ただの無害な旅人にしか見えません。道往くAllyも遠巻きにしてこちらを眺めているだけです。NPCしかいませんけど。
 
owl05.jpg

 NPCの群れがRoamingしてたので、慌てて水に飛び込みます。
 そのまま水中を移動して、
owl06.jpg

 上陸します。
 それはもうかつて知ったるDarnassus、
owl07.jpg

 Guardsがいなさそうな場所くらい簡単に分かります。
owl08.jpg

 普段は緑ネームのやさしげちっく頼もしげなガードも、赤ネームだと凶悪極悪もんすたーに早変わりです。でも目は比喩でなしに節穴。
 
 門を抜けると、そこにはフクロウが!
owl09.jpg

 もう1レベルだけ低いフクロウ(Stridged owl)もいますが、こっちのが羽がちょこっとだけ速いので、こっちをTameです。
 
 せっかくここまで来たし、釣りでもしようと思ってうろついていると、突然Hunter's Markが。
 反射的に射撃を開始したら、一撃で死亡しました。相手が。
 どうやらlowbieだった模様。ゴメンナサイ。
 
 Hunter's Markは敵対行為になりますし、攻撃魔法と同様、相手が自動的に自分をターゲットしちゃいます。lowbieなハンター諸君、注意しましょう。すでに誰かと交戦中の相手にMarkが基本です。
 
owl10.jpg

 釣りをしてしばらく待っていると、さっきうっかり殺しちゃったハンターが20レベルくらいの人を連れてやってきました。5分以上経っているのでPvPフラグは消えてますよー。
 
owl11.jpg

 先ほどの射殺をジェスチャーで詫びる牛。FD>/sorry>/bowのコンボは、食べないで!って言ってるみたいに見えますけど。
 向こうも友好的ジェスチャーを返してきたので、満足してHearthStone。
 
 ここまでの冒険で、船上で一人、NE島で二人、計3人のPCにしか出会いませんでした。過疎すぎます。
 NE島の将来が不安です。


 後日、もう一度遊びに行ったら、5人くらいのGroupになぶり殺しにされました。Hordeキャラで遊びに行くところじゃないですね。

赤ズキン白雪姫の大冒険

 ワタクシ、生まれも育ちもKalimdorはDurotarのSirayukiと申します(以下、野太い声に変換してお読みください)。
sirayuki01.jpg

 夢はいつかステキな王子様のはぁとをDeadlyPoisonでがっちりキャッチすること!
 今日も王子様を逃がさないためのKidneyShotの練習花嫁修業に明け暮れるワ。
 
 やっぱり王子様を見つけるにはパーティに出席することネ。
sirayuki02.jpg

 というわけで、Partyに参加ヨ。
 
 早速王子様発見!
 ほーら、わたくしのキスでお目覚めなさーい。/kiss
sirayuki03.jpg

 blow kissしてもカエルのままだったから、殺しちゃった。正・当・防・衛♪
 


 こんなキャラばっかりなのもあれなので、まともなキャラも育てなきゃ。

プロフィール

ふぇにっくすほーく

Author:ふぇにっくすほーく
World of Warcraft
Nappasama/Proudmoore鯖Phoenixhawk「SINGAN」/Blackrock鯖
Phoenixcow 「Mugmug」/Mug'thol鯖
 
大航海時代Online
Ogremage=Cho'gall「オスマン帝國大宰相府艦隊」/Notos鯖
ナッパ様「オスマン帝國大宰相府艦隊」/Notos鯖
はあと様「オスマン帝國大宰相府艦隊」
フェニックスホーク/Zephyros鯖
 
「ふぇに牛メイン」
過去の日記やWarcraftの歴史、種族紹介などはこちらです


図書館の大航海時代
DOLのNPC辞典など

最近の記事

最近のコメント

blog Pet&カウンター


竹林からでてきた謎の酒飲み生物、Pandaren Brewmaster。
ときどき謎日記を投稿します。

無料ホームページ ブログ(blog)

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

使用キャラ(WoW)


Nappasama Hunter Proudmoore鯖(Horde)
 
Phoenixhawk Hunter Blackrock鯖(Horde)
 
Phoeni Hunter Proudmoore鯖(Alliance)
 
Phoenixcow Druid Mug'thol鯖(Horde)

著作権

(1) 「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」 または、「 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」

(2) このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。